ゴルフのスタンスの種類は、大きく分けて三種類あります。 ・スクエアスタンス ・オープンスタンス ・クローズスタンス まず、スクエアスタンスですが、スクエアはゴルフ用語では、飛球線(ボールを飛ばそうとする方向に向かって引いた仮想線)に対して「直角に」という意味です。 両足は肩幅か、それよりやや狭いくらいに開き、飛球線に対して直角につま先を置いて、両足を平行に揃えて立ちます。 両方の肩、腰、膝、つま先が平行になり、肩の延長線上に目標がある状態です。 スクエアスタンスは最もニュートラルなスタンスですから、ゴルフ初心者はできればスクエアスタンスから身につけましょう。 自分では平行に立っているつもりでも、意外とできていないことが多いものなので、床にテープを貼ってその上に立ってみる、ゴルフクラブを足元に置いてみるなどして、こまめに確認してみてください。 次に、オープンスタンスです。 オープンスタンスは、目標に向かって左足を少し引いて左向きに立つスタンスをいいます。 スライスボールを打ちやすくなりますが、比較的コントロールがよくなるでしょう。 ただし、飛距離は伸びにくくなります。 逆に、クローズスタンスの場合には、右足を少し引き、右向きに立つのですが、右足を引くというよりは、左足をやや前に出すという表現の方がいいかもしれません。 バックスイングをしやすくなるために飛距離が伸びやすい反面、コントロールの精度が落ちてしまいがちです。 これらが代表的なゴルフのスタンスですが、実際には両足の幅や向きを微妙に変えたりして、自分に合ったスタンスで打つ方が多いでしょう。